2019年12月14日
  • 月額10万円の配当で将来に備えます!

自己紹介

はじめまして。「イクメン経理マン」と申します。

名前通り会社では経理マンとして、家ではイクメンとして日々奮闘中です。主な属性は下記の通りです。

人生100年時代と言われる昨今ですが、会社の給与だけに頼ることなく「投資による収入」をもう一つの柱として育てるべくアベノミクスの頃から本格的に投資を始めました。

将来への「不安」

これから2人の子供が大きくなってくると教育費が多くかかってきますよね。一方で老後の年金は「2,000万円問題」もあり、こちらも大きな不安が残ります。

私のようなアラフォーのロストジェネレーションには普通に生きていくだけで将来に大きな「不安」を抱えている方が多いのではないでしょうか。

このブログではイクメン経理マン家が「投資」を通じて「教育費」「老後の年金問題」といった不安からの解放を実現して、お金の面で心配のない人生を送れるようになるまでの過程を書いていきます。

また、株式のポートフォリオ(構成)や収入・支出についても随時公開していきます。もし、同じように「投資で教育費や老後の年金をつくってみよう」という方はうまくいっていて興味があれば参考にしてもらえればと思います。

投資方針について

最初にも書きましてが、日米株(おもに米国)の配当が高く、継続的に見込める銘柄をとにかく買っていくというスタイルです。教育費や年金にも使っていく予定であるためETF(上場投資信託)も活用していきます。

また、配当金を最大化するには種銭の確保が重要です。

イクメン経理マン家では自分と妻がフルタイムで働いています。このダブルインカムをエンジンとして収入の中からなるべく多くの金額を投資へ回していきます。

まずは、「月額10万円」の配当確保を目標とします。年間で言うと120万円ですね。あくまで月の配当額をKPI(重要視する指標)としますので、成長性が期待できる株式より高配当株への投資がどうしても中心となります。

とは言え、総資産が増えることも大事です。高配当株のみにガチガチに投資するのではなく、状況に応じて成長が望める株式についても購入を検討していきたいと思います。


これまでの人生について

これまで歩んできた人生について書いています。基本的に物心がついてからあまり景気の良い時代はなく、就職も超氷河期でした。

国や会社から何とかしてもらうよりは、自らの専門性やスキルを向上させて生きていこうという想いが強かったと思います。

詳細は下記の記事をご覧ください。

こんなイクメン経理マンですが、月額配当をもとに育児・教育費・小遣い・年金等のあらゆるシーンを乗り切ってお金に不安のない人生になっていければと思います!